本文へ移動

形成外科

形成外科について

 形成外科は生まれつきの皮膚のあざや口、鼻、耳、手足の変形や自然に出来てきた皮膚腫瘍や外傷・熱傷など皮膚表面の問題を治療している診療科で外科的な治療を主に行っています。
 当院の形成外科が対象とする疾患は主に先天異常、外傷、腫瘍などです。体の表面のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。
 また、当科では高気圧酸素治療の創傷治癒に対する有効性に着目し積極的に治療に用いています。

具体的な疾患

【先天異常】
口唇口蓋裂などの顔面の異常/副耳/耳前瘻孔/折れ耳などの耳の異常
眼瞼下垂/多合指(趾)などの手指足趾の異常
【外傷】
やけど/顔面の骨折(顔面骨・頬骨・鼻骨・上下顎骨骨折)/交通外傷による傷
傷痕/火傷のあと/術後の傷痕やひきつれ/寝たきりや体の麻痺で生じる褥瘡
難治性の傷や潰瘍/糖尿病による壊疽
【腫瘍】
体のあちこちにできる皮膚・皮下の腫瘍を切除して組織検査を行い悪性の有無を調べます。
ガングリオン/粉瘤など
【その他】
陥入爪・巻き爪 など

外来担当医

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
午前
担当医

手術日
不定期
午後
手術日



医師のご紹介

TOPへ戻る