本文へ移動

リハビリのご案内

担当部長のご挨拶

 リハビリテーション部は、『365日・2~3時間/日のリハビリ提供体制』『リハビリスタッフ156名配置』『セラピスト10か条の実践』のもと、患者様の心身機能の改善、日常生活動作の向上、早期社会復帰を支援します。
 自宅に退院される場合には、入院中より患者様のご自宅を訪問し、その方の生活環境を想定したリハビリを実践します。また退院後も自宅訪問を行い、患者様の更なるQOL向上に努めます。患者様が住み慣れたところで、その人らしく、幸せに生き生きとした生活を送れるように、患者様やご家族の立場に立った取り組みを行っています。
 最適で、効果的なハイブリッド・リハビリを提供するために、リハ部内教育システムでの研修を強化するとともに院外研修に積極的に参加し、医学、医心、リハ技術の研鑽を積んでいます。また、リハビリ成績の検証や業務の見直しを随時行い、絶えず“自己革新する組織” を目指しています。
リハビリテーション部
診療部長 齊藤 智子
リハビリテーション部
技術部長 槌田 義美

リハビリテーション部の特長

  1. リハビリスタッフを156名配置
    PT82人 OT54人 ST18人 神経心理士3名 ※2020年4月1日 現在
  2. 365日リハビリ提供体制、リハビリ充実加算、休日リハビリ提供体制加算
    365日 毎日2〜3時間のリハビリを行います
  3. セラピスト 10か条の実践

リハスタッフ構成

理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
心理士
回復期リハ病棟(135床)
53名
31名
13.5名
3名
一般病棟(90床)
15名
5名
2.5名
通所リハビリ
5名
4名
1名

訪問リハビリ
7名
7名
2名

育児休暇
2名
6名
0名
0名

82名
53名
19名
3名
スタッフ合計
157名(2021年4月現在)

施設紹介

一般病棟(東館)・外来でのリハビリテーション
総面積782㎡のリハビリセンターでは、一般病棟(東館)にご入院の患者様および外来患者様のリハビリを行います。
回復期リハ病棟でのリハビリ
回復期リハ病棟にご入院の患者様は、病棟リハビリ室でリハビリを行います。また病棟リハビリ室にはADL室も完備しており、より実生活に近い状態でリハビリを行うことができます。
ADL室(本館3F〜5F)
病棟リハビリ室(本館3F〜5F)

疾患別リハのご案内

患者様の状態に合わせたリハビリテーションを行います。

療法科紹介

当院の各療法科で行う治療や訓練のご紹介です。
TOPへ戻る