本文へ移動

臨床研究事業について

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)事業について

当院整形外科では、公益社団法人 日本整形外科学会 が運営するデータベース事業(日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)に参加しております。
JOANRでは、運動器疾患の手術に関する大規模データベースを作り上げることを目的としており、登録された医療情報を分析することにより医療の質の向上を図り、国民に対する良質な医療の提供、適正な医療レベルの維持、また、医療経済の最適化を目指します。

一般社団法人NCDの外科手術・治療情報データベース事業について

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の外科手術・治療情報データベース事業について

当院形成外科・血管外科では、一般社団法人National Clinical Database (NCD) が運営する外科手術・治療情報データベース事業に参加しております。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
全国の医療施設診療科の協力により、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。
JOANR・NCDへ登録することによる患者さんへの新たな負担は一切ございません。また、患者さんのプライバシーの保護につきましては、法令等を遵守し登録を行います。
ご自身の情報について、登録を望まれない場合には、担当医師にご連絡ください。

日本脳神経外科学会データベース研究事業(JND)について

現在、当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) 」に協力しています。
2018年1月から当院で治療や手術を受けられた患者さんの臨床データを解析させていただき、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。
解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。
本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の脳神経外科(山田 眞晴)にその旨お申し出下さいますようお願いいたします。
その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ をご参照ください。





TOPへ戻る